セミナー報告:古巣でWebマーケティングセミナーを開催してきました。

Pocket

main2
先日、以前勤めていた会社でWebマーケティングのセミナーを開催してきました。

マルキンアド株式会社という群馬の富岡(あの富岡製糸場の富岡です)にあるWebデザイン・Webマーケティング・DTPを業務の中心としている素晴らしい会社です。


これまで会社の業務の一環でセミナー・研修をしたり、知人のコミュニティでセミナーしたりしたことはありましたが、自分の古巣で元先輩、元上司、そして初めてお会いする今のマルキンアドを支える方々相手に講師として立たせて頂くことは初だったので、記念にブログに書き留めておこうと思います。


まずマルキンアドってこんな会社

1

デザインが強い会社だけあってオフィスの外観がシャレオツ。
ちなみに背景に見えるように大自然のど真ん中に会社があります。群馬ということもあり全員車通勤、夏は蛙の大合唱、冬は車のガラスがいとも簡単に凍りつく環境です。

cafe
会社に入ったらすぐこれまたシャレオツなカフェスペースがお出迎え。
※昔聞いた噂だと本当にカフェだと勘違いして入ってきてしまったおばちゃんがいるとかいないとか。

blue
会社の中にはBLUEとREDのミーティングルームがあり、今回のセミナーはBLUEで開催。


当日の講義とワークショップの内容を簡単に紹介

7
さて、講義開始。
偉そうにずっと座りながら話しました。あー楽だった
当日は2つの講義と2つのプチワークショップ、最後にメインのワークショップの組み合わせというカリキュラムで10:00から16:00過ぎくらいまで行いました。

menu1

講義で学んだ内容をすぐプチワークでアウトプット。
インプットとアウトプットの組み合わせで理解度も30%アップ!
30%というのは超適当です。てか、ずっと自分が話してたら皆眠くなるじゃんそんなの悲しいじゃん。

ひとまず、全体通して

●Webサイトの現状把握

●課題の抽出

●改善案の策定、実施


ができるような内容にしたつもりです。

講義1:分析編
まずはGoogleアナリティクスを使った分析を。
人それぞれ見るポイントが異なると思うので、あくまで私が普段見ているポイント中心となりますが、全体から細かい部分まで、このデータを見ると、「サイトに訪れるユーザーの行動」がおおよそ把握できるようなポイントを中心にお伝えし、分析編のプチワークでは、実際にデータを見て、色々な点を見つけてもらいました。

5
プチワークの様子はこんな感じ。
チームに分かれてメンバーで協力しながらデータを見ていく。
こういうのって1人で見ても視野が狭くなってしまうのですが、他の人と見るとけっこう色々見つかるものです。

6

データを見終わった後、気付いた点、そこから考えられる仮説をチーム毎に発表して頂きましたが、だいたい気付いてほしい点は挙がったかなと思います。さすがです。


講義2:コンテンツ、集客編
講義1でWebサイトの状況がおおよそ分かったとして、、
ではその後のアクションどうしましょうか。
という話を講義2で行いました。

ここもWebの施策においてできることは数えきれないくらいありますが、
それだと時間がいくらあっても足りないですし、てか私もわからんこと多いし、、
集客とコンテンツの施策において優先度が高い(のではなかろうか)部分に絞って話をさせて頂きました。

ピンポイントで個人的に大好きなEFO(問い合わせフォーム最適化)の話もして、2つ目のプチワークはEFOを実践することに。

私の方でよく見るイケてないフォームを用意。
2
その最適化案を皆さんで考え、ホワイトボードに書き、改善ポイントを発表して頂きました。


efo
「この項目いる、いらない?」「この項目必須、任意?」
お客様の戦略や問い合わせ後の流れによって考え方は変わるので、その辺りの議論も白熱しました。


ワークショップ
講義の1.2.が終わって、最後に今回講義で学んだことの集大成のようなイメージでワークショップに取り組んで頂きました。

架空のお客様、お客様のWebサイトのデータを用意して、データの分析とその後の施策提案を考え、発表する内容です。

お客様はWebの運用はなんとなーくしてるけど、Webのことは全く分からず効果測定等は一切していない(Webの費用対効果が全く分からない状況)設定で、

●数値面の分析(現状、費用対効果が見合ってる?もっと投資すべき、しないべき?)

●施策提案(集客面、コンテンツ面)


の2つの側面での分析、提案をして頂きました。


9

全員総出で立ち上がり議論。

3

机の上は資料でごちゃごちゃになる。(このごちゃごちゃ感は見ていてすごい好き)

4
最後に発表して頂きました。
どの発表も素晴らしかったのですが、ただ、自分がもっと色々と細かいデータや情報を用意しておけばもっと素晴らしい分析やアイデアが出たのかな、と、最後は自分の準備不足を感じました。


いずれにせよあっという間の6時間でした。
※最後にアレですが事情により使用した資料はブログでは公開しません。


セミナー後にアンケートもとったからアンケート結果も晒してみる

セミナー後に皆さまから感想を頂きました。

●全体の満足度
アンケート

やらせではありませんが、満足度は高かったです。
皆さん大満足、もしくはやや満足の評価をつけて頂きました。

満足の理由も紹介。(内容を損なわない程度に一部加筆しています)

WEBマーケティングについて、本当に何も知らない私でしたが、大体の概要を掴めたと思います。もちろん、講義の内容が全てではないですが、WEBマーケティングを今後勉強する上での第一歩として、貴重な時間だったと思います。
ありがとうございました!

いえいえ、こちらこそ貴重なお時間ありがとうございました。

久保さんの人柄がよく、説明も上手で予想していたより楽しく学べたので!

予想では人柄が悪く説明が下手クソな輩が来てつまらない講義になると想定されていたのですね。
嘘です、ありがとうございます。

今までは、GAはアクセス数や、どこからアクセスされているかがわかる程度の認識しかなかったので、今回の講義で、GAを見ただけでどこに問題が有り、どう解決すればいいか?というところまでわかるのはとても衝撃を受けた。

その衝撃を受けたという感想に衝撃を受けました。
ありがとうございます。



●全体通しての改善点
改善点も挙げて頂きました。今後セミナーをしようと考えてる方には参考になるかも。

資料が、数値が小さく少し見づらかった。個人で見る分には問題ないが、グループで見るとなかなかじっくりと数値を見ることはできなかった。

5,6人のグループに対して資料が2部ずつくらいでしたからね。人数分印刷すればよかったですね。

久保さんが噛みすぎだったと思います。

ほっとけ( ノ・ω・)ノ ⌒ * はい次。

英語の略語が多すぎて、混乱することがよくありました。講義で使用する略語をまとめたシートとかあれば、嬉しいです!

CVとかCPAとかなんたらかんたらですね。
確かに専門用語まとめたシートがあってもよかったかもですね。

事前に資料をもらえていれば良かったかなと思いました。聞きながら資料に書き込めるので。

これは多分セミナーを運営する上での永遠のテーマの1つなのではないでしょうか。全部印刷して配布すると先に見られてしまったり、聞くことに集中してもらえなくなったり、でもこういうご意見もありますし。今回に関しては後で資料を配布するのと、ひとまずモニターをご覧になってもらえれば事足りるかな、と思い事前配布は無しにしました。
うーーん、ここは難しい。

セミナーの前にワークショップではこういうことをします、というのを簡単でいいので説明いただくと、前半の説明も集中して聞ける気がしました。

うぉ、、
これは全く頭に無かったです。確かに最後のすべきことが事前にイメージできてればそれに必要な情報を得ようとより講義を集中して聞けるかもしれませんね。
素晴らしいフィードバックありがとうございます。

他人のPCで少し苦戦していたようなので、可能であれば使い慣れた自分のPCを使えばスムーズに行くのではないかと思った。

生きててすいません。
返す言葉もございません。



●最後に自由に一言コメント頂きました

進行の中で笑うポイントをいくつか入れていただいたので、楽しく講義を受けることができました。マルキンの大先輩に久保さんのような方がいらっしゃるということをすごく誇りに思います。また、いつでもマルキンにいらしてください!

本当はスベり狙いだったのですが、、
私が言うのもアレですがこれからも素晴らしいマルキンアドを支えてください。
噛まないで喋れるようになったらまた来ます。

単純にとても楽しかったです。一人ひとり個別に挨拶いただいて、初めて会う人も多いと思いますが、みんな知っている人のようにフレンドリーに接していただけたので、和やかで楽しいセミナー&ワークショップでした。久保さんの講座であればまた受けたいと思いました!

勿体ないお言葉ありがとうございます。
皆さまの方こそ親身に接して頂いたおかげでチキンの私でも無事に進行することができました。

機会があれば、もっとより詳しい話や、解析以外のお話を聞きたいと思います。

ちなみに、スベり狙いとのことでしたが
面白かったので笑ってしまいました!

あー、あの程度で笑ってしまうようではまだまだですね。

(続き)もっとスベってほしいです!

お、、おぅ。




以上。


main2
というわけで最終的には無事に終えることができました。
改めてマルキンアドの皆さま、ありがとうございました!!

マルキンアド株式会社

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ